婦人科のいろいろなお悩み

月経の異常

~ このような症状でお悩みではありませんか? ~

月経のさまざまな不快は、ホルモン療法で快適にすることができます。
また、月経の回数を減らして、月経の煩わしさから解放されて、生活を快適にすことができます。
ぜひ、ご相談にいらしてください。

■ 月経痛・月経困難症 ■  

月経痛は、治療することができます。
我慢せずにご相談にいらしてください。
ホルモン療法を行うと、痛みだけでなく
月経そのものが軽くなることが多いです。
ホルモン療法に抵抗がある方は、漢方薬等でも症状が
軽くなることがありますので、ご相談ください。
また、月経痛のある方は、子宮内膜症などの病気がある
ことがありますので、鎮痛剤で自分で様子をみることなく、
早めに受診をされた方がよいです。
子宮内膜症があると妊娠しにくくなることがあります。

■ 月経の出血が多い ■
   
子宮筋腫、子宮腺筋症という病気があることがあります。
貧血になってしまっていることもあります。
貧血は自分では気がつかないことがあります。
血液検査で調べてみましょう。

■ PMS・月経前症候群 ■

月経の1週間くらい前になると、イライラする、気持ちが落ち込む、他人や家族にあたってしまう・・。
月経前には、このような症状で、生活がうまくいかないことがあります。
ちょっとした生活改善でうまく乗り切れたりすることがあります。
また、漢方薬やホルモン剤で症状が軽くなることもあります。

■ 月経が止まった・月経不順 ■

ダイエットや、学校や職場でのストレスが原因で、月経が止まったり、不順になってしまうことがあります。
甲状腺などのホルモン異常が原因のこともあります。
将来の妊娠のためにも、放置せずに受診しましょう。
1か月以上基礎体温をつけてから受診するとよいです。
3か月以上月経がなければ、すぐ受診しましょう。